歯科口腔外科|練馬高野台の歯科|かとう歯科|女医による診察

TEL:03-3995-5971

電話番号03-3995-5971

インターネット予約はこちら

歯科口腔外科

歯科口腔外科について

当院の歯科口腔外科では、親知らずの抜歯、お口のケガ、歯牙移植・歯牙再植などに対応いたします。
※必要な場合には、高度医療機関へのご紹介もいたします。

このような症状はご相談ください。

口や顎の外傷

唇や頬などの顔のケガや、口の中の切り傷、歯、歯槽骨が折れたなどという場合は、歯科口腔外科の対象になりますので、ご相談ください。

お口や舌のできもの、口内炎

お口の中や舌などには、腫瘍や水ぶくれのようなできもの(嚢胞)が生じることがあります。口内炎などの炎症が生じることも少なくありません。難治性の口内炎もありますので、気になる炎症が生じた際はご相談ください。

奥歯を噛むと痛い、歯茎が腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えてこないと(埋伏歯)、それが原因となって歯茎に炎症が起こったりします。また、虫歯や歯周病が原因となって歯茎に膿が溜まり、腫れてくることがあります。

歯牙移植と歯牙再植

歯牙移植とは、虫歯が進行して残せなくなった歯があり、しかも自分の口の中に親知らずや、埋まっている歯があるような場合に、残せなくなった歯を抜いて、その代わりに親知らずなどを移植する治療法のことです。言わば「歯のお引越し」です。なお、条件を満たせば、保険を使った治療が可能です(保存できない歯を抜いた日と同日に親知らずや埋まっている歯を移植した場合)。また歯牙再植とは、根尖(歯根の先端部分)に膿の袋が生じて通常の根管治療(根っこの治療)では治せないような場合に、いったん抜歯して根尖の治療を施してから、再び元の位置に戻す治療です。

お口のケガ

何かにぶつけて口をケガしてしまったような時は、早めにご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合は、そこから病原微生物に感染する恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が抜けてしまったような場合や、グラついていた歯が抜けてしまったような場合もすぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けた歯は軽く水洗いして(根元を強くこすらないように注意してください)、ご来院までの間、何らかの容器に牛乳を注ぎ、その中に入れてご持参ください。

親知らずの抜歯

親知らずの状態

親知らずは、手前の歯と同じ生え方をしており、普通に噛めていれば問題無いのですが、例えば横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。すると、きちんと歯みがきができないので、虫歯や歯周病になる可能性が高くなってきます。そのような親知らずは、抜いた方がよい場合もあります。親知らずが気になったら、一度ご相談ください。

ご予約・お問合せ

TEL:03-3995-5971

インターネット予約

電話番号03-3995-5971

インターネット予約はこちら